FC2ブログ

僕には卓球のセンスがありません。 - 強くなる卓球の練習方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕には卓球のセンスがありません。

今日はきわめて現実的な話をします。


中学校から卓球を始めた選手が、綺麗な卓球をしようと思わないことです。
小学校から始めた選手にセンスという面で追いつくことは、はっきり言って不可能に近いです。


いや、もしかしたら僕が人一倍不器用だけなのかもしれませんが・・・


これは高校に入って、少しずつですが気づき始めました。
最初は、その真実を否定しようと強がりましたが、現実は甘くはありません。


チームメートがYGサーブが出来るのに、自分はなかなか出来なかったり、
ロビングの変化が出来なかったりと随分と悔しい思いもしました。


綺麗なカウンター、ライジングなど丹羽選手などをみると、
本当にセンスの塊だな~と思います。


でも、卓球はセンスだけで勝ち負けが決まるわけではありません。


綺麗な卓球がしたい・・・その気持ちは非常に分かります。

でも、あえて綺麗な卓球は捨てると意外と上手くいきます。


無理な台上プレーをしたり、カウンターをねらったりすると、
更にプレーの質が下がります。


僕は自分にセンスがないと気づいてから、とにかくフットワーク練習をしました。
また、得意パターンを増やす練習もしました。

練習が終わってからの、うさぎ飛び、スクワット、素振り・・・
これは高校生活で一度も欠かさずにやりました。


それでも全国で活躍は出来ませんでしたが、センスのない自分ができたのだから、
読者の方は絶対にもっと上にいけると思います。


話はそれましたが、フットワーク力を身に付けるのに、センスは関係ありません。
ひたすら走って、ひたすら多球をして、足腰をイジメて鍛えるのです。


確かにバックハンドがないと現代卓球では勝てないという声を聞きます。



でも、世界をみてください。

多くの選手が回り込んでフォアハンドを打ちます。
回り込んでバックハンドを打つ選手は皆無に等しいです。

バックハンドよりフォアハンドの方が威力が強いのは周知の事実です。

カウンターの得点でも、ライジングの得点でも
フォアハンドで得点を上げれば同じ1点です。


センスがないのを認めて、新たな戦い方を模索するのも一つの勇気ではないでしょうか?


■強くなる卓球の練習方法のサイト
http://takkyuu.info/

■強くなる卓球の練習方法のメールマガジン
http://takkyuu.info/merumaga.html


↓↓↓応援よろしくお願いします↓↓↓
人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト
1クリックで励みになります。宜しくお願いします!!
人気ブログランキングへ
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://hatarakuimi16.blog137.fc2.com/tb.php/49-ccf11b4b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。