FC2ブログ

質問 : ハーフロングサービスをだすコツ - 強くなる卓球の練習方法

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問 : ハーフロングサービスをだすコツ

コメントにて質問を頂きましたので、ブログに書きたいと思います。

質問は下記の内容でした。


>ハーフロングの下回転サーブのコツ教えてください。

>長さのコントロールができません。(ネット近くの下回転は得意です。)



質問してくださった方、ありがとうございます

さて、ハーフロングサービスとは台から出そうで出ないサーブの事です。


この技術は非常に難しく、短くしようとしたらネットに引っかかり、
少し長く出そうとしたら、オーバーミスしたりします。


このサーブが出来ると相手のラバーを粉砕することもある究極のサーブです(笑)


ハーフロングサーブのコツはサーブの”第一バウンド”を意識することです。

なぜなら、2バウンド目を狙うより、第一バウンドを狙う方が簡単だからです。


ネット近くにだすサーブなら第一バウンドは、ネット近くになりますよね?

ロングサーブなら第一バウンドはエンドライン際になりますよね?

 ※第一バウンドを意識していないと分からないと思いますが、
  レシーブのときに第一バウンドを意識してみて下さい。
  ここで言っている事が分かると思います。


では、ハーフロングサーブなら、どこになるか?


答えは、台の真ん中付近です。

イメージとしては真ん中より手前を狙います。


本当は、ボールに当たる瞬間の力加減で調整できればベストですが、
これは毎日の練習で感覚を身に付けるしかありません。


それよりも第一バウンドを意識した方が、上手くいくと思います。


ハーフロングサーブを身に付ける練習としては、

①サーブの第一バウンドを卓球台の真ん中付近を狙って出す。
 (出来れば目印になる紙の中心を丸く切って、その丸を狙う)

②もし、オーバーミスをしたら・・・
 → 第一バウンドを真ん中より手前を狙います。

③もし、ネットミスをしたら・・・
 → 第一バウンドを真ん中より奥を狙います。

④成功したときの感覚を忘れないうちにサーブ練習をする。

これを繰り返すと、いつの間にか身に付けれるはずです。


ちなみに、高さを調整するときも力加減ではなく、
ネットと同じ高さからサーブを出すことで解決できます。



P.S
第一バウンドの話をしましたが、第一バウンドでサーブの長さがバレてしまう可能性もありますが、
レシーブする側からすると、第一バウンドだけでは台から出るか出ないかは見破れません。

スピード、ボールの高さ、など総合的にみて判断するしかなく、
その判断力というのは一朝一夕に身に付くものではありません。



頑張ってください。また、質問があればお気軽にどうぞ。

興味がございましたら、メルマガの登録も宜しくお願いします。

■強くなる卓球の練習方法のメールマガジン
http://takkyuu.info/merumaga.html


■強くなる卓球の練習方法のサイト
http://takkyuu.info/


↓↓↓応援よろしくお願いします↓↓↓
人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
1クリックで励みになります。宜しくお願いします!!
人気ブログランキングへ
コメント
非公開コメント

なるほど!

的確なご指導!
さすがですね!
さっそく、ためしてみたいと思います♪

2011-06-17 13:29 | from まんぞう

トラックバック

http://hatarakuimi16.blog137.fc2.com/tb.php/45-b52ce7f9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。