強くなる卓球の練習方法

【初心者用】初心者に分かりやすいと評判の遊澤亮選手(元オリンピック代表)のDVDです。限定50人の特典付きです。
⇒ 初心者が最短で強くなる方法「遊澤亮選手の脅威の卓球上達法」

【中級者用】中国ナショナルチームにいた毛大宝先生が教える中国の練習方法です。平野美宇選手や10人以上のチャンピオンを育成してきた実績があります。
⇒ 中国の強さの秘密が分かる「中国式現代卓球講座」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月14日に特典の請求をされた方へ

メールをお送りしておりますがエラーになります。

お手数ですが、メールアドレスを確認して再度ご連絡ください。

宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト

春は出会いと別れの季節ですね。
中学校、高校を卒業された皆さんは、中学生活、高校生活は満足のいくものだったでしょうか?

これから新しい生活が始まります。
バラ色かもしれないし、暗闇かもしれない。



思えば僕の高校生活は悩んでばかりでした。

悩みは人を強くもするし、弱くもします。
ただ悩んでいるだけだと、それは嘆きに変わる。

残念ながらどれだけ大声で嘆いても現実は変わらない。



弱くなると人に頼りたくもなるし、人のせいにしてしまいがちです。

練習相手がいないから強くなれない。

コーチがいないから強くなれない。



大人になってもいるんですね。
そんなことをほざいている奴ってのは。


会社の教育がしっかりしていない。

上司がダメだから部下の俺も育たない。

自分の人生なのに他人に頼っている時点で負けなわけです。
自分に負けている奴がライバルに勝てるわけがない。



僕の受信ボックスにもこんな嘆きの連絡をしてくる人がいます。

「僕は頑張っているのに・・・」


「そうか、頑張ってるか。
 俺はお前の10倍は練習したけど目標に届かなかったぞ。」



これから始める新しい生活には、後悔することもあるかもしれません。

悔しさで泣いてしまうこともあるかもしれません。

後ろばかりを振り返るかもしれません。

でも、最後は前を向いて、自分の足で歩かないといけない。


このブログの読者の皆さんが、しっかりと自分の足で前を向くことを祈って。

いよいよ全日本卓球選手権決勝…の前に去年の決勝動画

いよいよ全日本の決勝です。
の前に去年の丹羽選手VS水谷選手の動画を。



残念ながら丹羽くんは負けちゃいましたが。

全日本選手権が開幕

いよいよ全日本選手権が開幕しました。
今年は特設サイトがあり試合結果など見やすいです。

→ http://japantabletennis.com/zennihon2014/

やはり注目は2連覇のかかる丹羽孝希選手。
目の覚める打点とテンポの速さは他のプレーヤーにない魅力があります。

是非、勝ち上がって欲しいなと思います。
そして、2年連続準優勝の水谷選手も忘れてはなりません。

当ブログの関連サイトでもTV放映のスケジュールを掲載しています。
全日本卓球選手権 TV番組放映スケジュール

メルマガ発行のお知らせと年末のご挨拶

ブログの更新ができない日々が続いています。
一部にはブログ更新を楽しみにしている人がいるとかいないとか・・・

今年はあまり更新ができませんでした。
ですが、来年はもっと更新が出来そうにありません。

メルマガも休止にしようか悩んでいたのですが、
ありがたいことに質問を頂くことも多く頻度は落ちますが続けさせて頂きます。

たまに変な質問をもらうこともありますが(笑)
ちなみに、変な質問には返信してません(ごめんなさい)

本日、メルマガを発行しました。
「身体が硬い」「スイングが硬い」人に向けたテーマです。



さてさて、今年は皆さんにとってどんな一年でしたでしょうか?
個人的な話をすると長くなりますが、私は目標の半分までようやく到達したところです。

富士山でいえば3合目(富士山登ったことないけど)
私は目標は高く設定することを好みます。

もしも目標達成のコツなんてものがあるなら、諦めず正しい努力をするしかないと思うわけです。

必ず達成するぞという決意。
そのためにやるべきことを愚直に行う決意。

決意があれば、何を優先すべきか考える必要もありません。

遊びを優先するか?練習を優先するか?
誰の目からみても明らかです。

しかし、人間は弱い生き物です。
どうしても遊びを楽な道にすすみたくなります。

その理由を考えると、結果がすぐにでないことが原因ではないかと思うんですね。
練習してすぐに上手くなれば、楽しくて楽しくて仕方が無いでしょう。

しかし、すぐに上手くなることなんてありません。
以前にも言いましたが、徐々に上手くなることもありません。

日々の練習が貯金として貯まり、急に上手くなるものなんです。


「毎日をその日の収穫高で判断せず、まいた種で判断しなさい。」

ジキル博士とハイド氏で有名なイギリス人作家スティーブンソンの言葉より。


この考え方というか意識の持ち方がすごく重要だなと。
だから最初は我慢しないといけません。

この期間は拷問に近いかもしれません。
しかし、決意さえあれば乗り越えることが出来ます。

あなたはどんな決意を立てますか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。